青年会議所とは

青年会議所とは

1949年、明るい豊かな社会の実現を理想とし、責任感と情熱をもった青年有志による東京青年商工会議所(商工会議所法制定にともない青年会議所と改名)設立から、日本の青年会議所(JC)運動は始まりました。
共に向上し合い、社会に貢献しようという理念のもとに各地に次々と青年会議所が誕生。
1951年には全国的運営の総合調整機関として日本青年会議所(日本JC)が設けられました。
現在、日本全国に青年会議所があり、「修練」「奉仕」「友情」の三つの信条のもと、よりよい社会づくりをめざし、ボランティアや行政改革等の社会的課題に積極的に取り組んでいます。
さらには、国際青年会議所(JCI)のメンバーとして各国の青年会議所と連携し、世界を舞台として、さまざまな活動を展開しています。

青年会議所の特性

青年会議所には、品格ある青年であれば、個人の意志によって入会できますが、20歳から40歳までという年齢制限を設けています。これは青年会議所が、青年の真摯な情熱を結集し社会貢献することを目的に組織された青年のための団体だからです。
会員は40歳を超えると現役を退かなくてはなりません。この年齢制限は青年会議所最大の特性であり、常に組織を若々しく保ち、果敢な行動力の源泉となっています。
各青年会議所の理事長をはじめ、すべての任期は1年に限られます。会員は1年ごとにさまざまな役職を経験することで、豊富な実践経験を積むことができ、自己修練の成果を個々の活動にフィードバックさせていくことができます。
青年会議所におけるさまざまな実践トレーニングを経験した活動分野は幅広く、OBも含め各界で社会に貢献しています。たとえば国会議員をはじめ、知事、市長、地方議員などの人材を輩出、日本のリーダーとして活躍中です。

国際青年会議所(JCI)

自由な社会と経済発展を実現し、新しい社会をリードするにふさわしい人材育成を目的として、1915年にアメリカ・ミズーリ州セントルイスに生まれた小さな青年活動グループから始まったJC運動は、その活動が認められ,アメリカの社会的活動を担う主要な青年団体へと発展していきました。

1944年には「積極的な変革を創り出すのに必要な指導者としての力量、社会的責任、友情を培う機会を若い人々に提供することにより、地球社会の進歩発展に資すること」を使命に、アメリカ、コスタリカ、エルサルバドル、グァテマラ、ホンジュラス、メキシコ、ニカラグア、パナマの8カ国によって国際青年会議所(JCI)が発足。その後、年々加盟国は増え、日本も1951年に加盟、JCIの一員として新たな活動の一歩を踏み出しました。
会員数17万人以上の世界で最も大きな青年団体です。現役メンバーに加え約250万人以上ものOBがいます。
毎年11月には世界会議が開催され、世界中のメンバーが一堂に会する重要な国際交流の場となっています。

 

【心友が増え交友の幅が広がります!】

・全員が参加する例会、各自で分野別に活動する委員会、全員の協力による事業等に参加し、多くの仲間との協力関係を通じて、他では得られない汗・涙・信頼関係と真の友情を育てています。

・様々な業種の仲間が増え、自身の視野が広げることができ、社会人・地域人としての資質の向上につながります。

・活動範囲が、白河を始め全国各地、または世界で活躍される人もいますので地元はもちろんに日本中・世界中に仲間が増えます。

【自分を育てるチャンスです!】

・地域社会への奉仕活動を企画運営することで、企画力や指導力が自然と身に付きます。

・大勢の人の前で話し発表する場が多いので、自然に話がうまくなり表現力も豊富になります。

・会議や会合に出席するなかで、スムーズな会議の進め方や方法、説得力のあるプレゼンテーションが修得でき、ビジネスマナーやおもてなしなど様々なことが学べます。

・例会や各スクールでは、様々な自己啓発トレーニングやいろいろな方の貴重な講演を体験することができ、社会人としての幅が広がります。

【地域への恩返しができます!】

・いろいろな業種や様々な知識を持った若い仲間が集まることで、いろんな角度からのよい街づくり・豊かな社会を考えています。

・地域の子どもたちと触れ合う事業を運営する中で、たくさんの子どもたちに感動を与えています。

・献血や障害児教育に参加することで、地域福祉への貢献ができます。

—————————————–

【お問い合せ】

・公益社団法人 白河青年会議所

事務局:白河市大手町4-2白河JC会館/0248-22-8289/jcinfo@jc166.jp